前へ
次へ

行政書士試験のための勉強時間

法律の勉強に興味を持ち、行政書士試験を受けるという人も多いでしょう。行政書士試験は、難しくなっているので計画的な勉強をすることが大切です。勉強時間は法律初学者かどうかということでも変わってきますし、勉強できる時間もそれぞれ違うでしょう。忙しい人は隙間時間をこまめに見つけて勉強するようにしないと、全ての勉強をおえる前に試験日がきてしまうこともあるかもしれません。行政法は問題数も多く、細かい知識まで聞いてきますので、時間をかけて取り組む必要があるでしょう。民法は難しい問題も多いので、問題を一つ解くのにも時間がかかることがあります。その他の科目もかなりの時間勉強する必要がありますので、自分の状況に合わせて勉強時間を捻出するようにしましょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren5set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

行政書士試験の科目と合格点

行政書士は、官公庁に提出する申請書などの書類の作成や契約書などの権利・義務に関する書類の作成してくれるほか、関連する事項の相談にも応じてくれます。国家資格である行政書士になる方法の一つに、行政書士試験があります。都道府県知事の委託を受けた財団法人行政書士試験研究センターが試験を実施しています。試験は法令等と一般知識等で、出題数は60問、300点満点で、法令等には選択問題と記述問題があり、一般知識等は選択問題のみです。合否の判定基準は、法令等が122点、一般知識等が24点以上の者で、合計の点数が180点以上が合格点となります。合否判定基準は、試験研究センターのホームページに掲載されています。合格率は10パーセントを切る厳しい状況ですので、十分準備をして受験に望むことが大切です。

Page Top