前へ
次へ

行政書士の勉強の仕方

行政書士に合格するには、予備校と自宅学習を併用するのが基本です。社会人になられてから、行政書士合格を目指すとなると独学が基本になってしまいます。その場合においては仕方のないことですが、まだ親からの支援を頼れる環境で就職のためにというならば予備校に通うのが近道になります。行政書士は勉強時間がかなりいります。法律のことを勉強する必要があります。法律は専門用語が多く、大変読みにくく理解しづらいです。こうした科目をクリアするためには予備校の先生に聞いて確実に理解していく必要があります。このように予備校であればすぐに疑問が解決します。しかし独学の場合だと一人で悶々と悩んで勉強が進まなくなってしまいます。

Page Top